溶接用の溶接棒、ワイヤ、TIG溶加棒などの溶接材料、溶接機の消耗品などの部品などの溶接用品から、高圧ガスの圧力調整器(レギュレーター)や切断器、研究分析用の高純度スプレー缶まで取り扱い
  1. ホーム
  2.  > 溶接ケーブル・ジョイント
  3.  > ホルダ・アース
  4.  > 溶接棒ホルダ SJ-400(SJ400) 棒径5.0〜8.0φ 電流400(A) 三立電器工業

溶接棒ホルダ SJ-400(SJ400) 棒径5.0〜8.0φ 電流400(A) 三立電器工業

溶接ホルダ SJ400(SJ-400) 対応溶接棒径φ5.0〜8.0mm 三立電器
溶接ホルダ SJ400(SJ-400) 対応溶接棒径φ5.0〜8.0mm 三立電器

三立電器のアーク溶接用ホルダ SJ400(SJ-400)です。被覆アーク溶接棒を挟み溶接をする際に使用します。

対応する溶接棒の線径は、5.0mmから8.0mmまで対応可能なので、極太の溶接棒で溶接することができます。

定格電流は400A、使用率は60%なので定格電流400A以下で、10分中6分間使用可能です。(4分程度は使用しない状態にしてください)

新JIS規格 C9300-11対応、JET(電気用品協会)により表示認証取得
適応キャブタイヤ(適応電線) 50SQから80SQ
※ケーブル(電線)が細い場合は、線を二重折にして銅パイプと接続し、抜けないように取り付けてください。

溶接ホルダ SJ400 取付例

三立電器工業 アーク溶接用ホルダSJ400(SJ-400)取付例

 


絶縁カバーの取り外し方と部品図
三立溶接ホルダ絶縁カバーの取り外し方と部品図SJ-400

溶接ホルダの絶縁カバー(黒い筒部)の取り外し方は、上の写真にあるイモネジを緩めることで取り外すことができます。
※イモネジが絶縁カバーを押し付けることで固定しているため、ネジを緩めることで取り外すことができます。
※ネジを緩めすぎると再度絶縁カバーを押し付け固定されてしまうため、ある程度緩めた状態で取り外してください、


三立 溶接ホルダの比較
三立 アーク溶接用ホルダ比較SJ200、S300、SJ400


溶接ホルダ 関連商品

ケーブルジョイントJA300ねじ込み式 バイス型アースクリップEB-300 バイス型アースクリップEB300用銅パイプ
アースクリップクイックタイプ(バネタイプ)M300 クイック゚型アースクリップM300用銅パイプ 溶接用ホルダS300

店長のおすすめポイント

工具の三河屋店長

溶接棒を使った溶接法のアーク溶接の溶接棒を持つための溶接ホルダ SJ400です。

新JIS規格に対応しており、安全性・耐熱性能が高められています。(「J」がつくと新JIS規格対応になっているようです)

使用できる溶接棒の線径は5.0mmから8.0mmなのでかなり太い溶接棒用です。ただ細い線径の溶接棒での長時間連続で溶接される方も使用されることもあります。

ホルダ近くの電線(キャブタイヤケーブル)は、柔らかいWRCTを使用するとよりホルダの取り回しが良くなり、作業効率がUPします。こちらの商品も併せてオススメします。

型番 0012000806
販売価格 2,950円(税込3,245円)
購入数
  • ↑
  • ↓

送料750円8500円以上のお買い上げで送料無料

法人様、個人様 領収書発行いたします

Recommend Item

工具の三河屋 本店 オススメ商品

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mail Magazine


2021年5月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2021年6月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
黒文字:営業日
土曜日は出荷業務のみ
赤文字:休業日
青文字:臨時休業日
Mobile Shop
QR